旅行医学

旅行医学 2017-09-10T21:17:30+00:00

当クリニックには、仕事や旅行、帰省等で日本国外へ行かれる方が定期的に来院されます。その際には、出発から6週間前までには渡航に関した診療をお受けになられるよう勧めております。

渡航先の状況を考慮し、必要な予防接種や薬剤に関してアドバイス致します。現地にて下痢などの急性的な症状を起こすこともありますので、それらに備えてのお薬を持参されるよう、また日常的にお飲みになっているお薬は、不測の事態に備えて余分にお持ちになるようアドバイスしております。

渡航先、渡航期間、または予防接種歴により必要な予防接種は異なります。よって、診察にお見えになる際には、予防接種歴を記載した書類や母子手帳などがございましたら、ご持参ください。当クリニックではほとんどの地域で推奨されている予防接種の用意がございます。
またマラリア予防薬(処方箋が必要です)も当クリニックビル1階にある薬局にてお求めして頂けます。黄熱病ワクチンは検疫所などの特定機関でのみの取り扱いになります。各渡航先に関する医療情報はwww.cdc.gov/travelをご参照ください。