下肢静脈瘤治療

下肢静脈瘤治療2018-11-04T19:25:53+00:00

従来、下肢静脈瘤に対しては、悪くなった血管を脚から抜き取るストリッピング手術という治療が行われてきました。これに対し、近年新たに血管の中にファイバーを通し、レーザーをあてて血管を中から焼き固める治療(血管内レーザー焼灼術、EVLT)が開発され、現在、静脈機能不全や太い下肢静脈瘤に対する新しい標準的治療となっています。

当院では術中の痛みや不快感を取り除くための局所麻酔を用いたEVLTの日帰り手術を行っております。治療時間は通常約1時間以内で、施術後すぐ通常の生活に戻っていただけますし、翌日からは仕事をしていただくことも可能です。